ケースワーカーには「面接員」と「地区担当員」と呼ばれる2つの役割があります。

ケースワーカーとは?

 

ケースワーカーということを耳にしたことがある方も多いかもしれませんが実際の仕事内容についてご紹介したいと思います。

 

ケースワーカーの仕事は、数多くの地域で(実際には配属された地域のこと)福祉サービスや福祉を必要としている方たちの話を聞いてあげた後に、その方たちを福祉施設に入所させてあげたり、手続きをしてあげることが主な仕事内容となっています。

 

そして職場は福祉施設、役所、保健所、病院などがあり、各地域で社会福祉として働いている人の総称をケースワーカーといいます。

 

主な業務の流れとは?

では具体的にですが、どういった流れで仕事を進めていくのかの前にケースワーカにも2つの役割があることをお話しておきます。

 

一つは「面接員」と呼ばれる。
もう一つは「地区担当員」と呼ばれるケースワーカーがあります。

 

面接員は生活上にある悩みを抱えていたり、トラブルが起きている人などの相談に乗ります。
その人たちが実際にどのような援助を求めていて、どういった対策を必要としているのかを調査します。

 

その後、援助が必要な場合は手続きをし、援助の方法や支援の形などを具体的に示してあげることが仕事となります。

 

地区担当員は、主に実際に家族構成等を調べたり、現在の収入や住宅等の問題などをこと細かく調査することが主な仕事となります。

 

その後、より具体的な援助方法などを提示し、そして方針を立てていきます。

 

また定期的にその方の家庭に訪問し、継続的に生活が上手くいっているか、問題が無いかなどを調査することも行います。

 

 

ケースワーカーになるにはどうするの?

ケースワーカーになるには福祉主事の資格が必須になります。

 

まずこの資格を取得するには、大学や短大等で勉強する必要があります
学部は社会福祉、社会学、教育学関係の学部が併設されている大学で取得可能です。(必ず調べてください)

 

資格が取得できたら、地方公務員の試験を受験することが出来ます。
その試験に合格できると見事ケースワーカーとして働くことが出来ます。

 

ただ一点注意があります。現状の問題としては、試験に合格をしてもケースワーカーとして仕事に就けるというわけではありません

 

実際には他の仕事と併用して行ったり、ケースワーカーとして就職をしたのにもかかわらず他の仕事を行うという例も沢山あるので理解しておきましょう。