訪問介護員は資格取得後の就職率が高く、働き方を選べる魅力があります。

訪問介護員とは?

 

訪問介護員の方

 

訪問介護員ってどんな仕事?

訪問介護員という呼び方はあまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、分かりやすくいうと「ホームヘルパー」のことを指します

 

日本ではホームヘルパーにも「級」が存在し、級によって業務内容が異なります。

 

3級は家事全般のみしか担当することが出来ません。
2級から介護・福祉の分野で実際に活動することが出来るようになります。

 

実施の仕事は、社会福祉法人、医療施設、民間企業等で訪問介護を行います
介護内容は食事の補助、入浴やトイレのサポート、移動補助などがあります。
場合によっては料理、洗濯、買物なども代行で行います。

 

 

訪問介護員になるにはどうすればいい?

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには民間の養成機関で講座を受講する必要があります
受験資格は特にありません。

 

受講内容は講義と実技と実習のセットになっています。
基本的な業務の流れ、専門知識等を学ぶことで資格を取得することが出来ます。

 

受講時期は様々ですが、スクールなどによっても若干の違いがあります。
資格が取れるまでの期間としてですが、本気で目指せば1ヶ月で取得できる人もいます。

 

 

知っておきたいお給料の問題

実際には現場によって異なりますが、ホームヘルパーでも安定したお給料をもらうことが出来ます。また働き方のスタイルとしては2通りあります。

 

  • 一つは正社員と呼ばれる「常勤」スタイル。
  • もう一つはパートやアルバイトとして雇用される「非常勤」です。

 

人によって働き方を選ぶことが出来るのがホームヘルパーの魅力です。
また実際にはニーズが高く、資格取得後の就職率も高いことが特徴です。

 

 

日本においては役立つ資格

日本は今後超高齢化社会に突入します
その為、訪問介護員の資格は大変重宝されます
また働く先も困らなくなるといえるでしょう。

 

常勤、非常勤によって仕事内容に若干の違いはあるものの、訪問介護員の仕事はとてもやりがいのある素晴らしい仕事です。