日本の高齢化社会により、介護福祉士は今後も安定した就職率を望むことが出来ます。

介護福祉士とは?

 

介護福祉士とはどんな仕事?

介護福祉士について知りたい人

介護福祉士という仕事は、体の不自由なお年寄りの方たちをサポート・介護する専門の職業のことをいいます。

 

食事の補助、入浴の補助、車椅子での移動等を含めた身体介護を行うことをはじめとし、お年寄りの相談に乗ってあげることなども仕事として含まれます。

 

また立場としては「ヘルパー」さんより上になるので、現場のリーダーとして介護ヘルパーの方を指導するというケースもあります

 

 

職場は主にどんなところ?

介護福祉士の職場は様々です。基本的には老人ホーム、医療施設、保健施設などがありますが、そのほかにも訪問介護や通所介護などがあります。
現場によって仕事内容が多少変わることもあるので理解しておきましょう。

 

 

介護福祉士になるには?

介護福祉士は国家試験を合格しなければいけません。
またその試験は毎年1度行われます
試験内容は実技試験と筆記試験で、1月下旬頃から全国の試験会場で行われます。

 

また養成施設を卒業することでも取得可能な資格となっています。
養成施設を卒業する場合は国が定める養成施設を卒業することが条件となっています。

 

分かりやすくまとめると下記のようになります。

 

  1. 専門学校、大学、短大を卒業し資格を取得する。
  2. 福祉系の大学で指定されている科目を履修していた方で、養成施設を卒業する。
  3. 保育士の養成施設を卒業している方が、介護福祉の養成施設を卒業する。

 

 

介護福祉士の就職率とは?

現状は介護福祉士が不足していることから、まず就職に困ることはありません。ただし、現場によってはハードな環境もあるため、就職先によっては大変な場合もあるのが実際の現状です。

 

 

介護福祉士を目指したい方

通信教育などでも資格取得が可能なコースがあります。養成施設を卒業していなくてもなることは可能なので一度調べてみることをオススメします。

 

介護福祉士のニーズはとても高く、日本は高齢化社会に突入するので今後も安定した就職率を望むことが出来ます。