ケアマネージャーの配置が義務づけられていない在宅介護支援センタ、訪問看護ステーション 、ヘルパーステーション でも資格が活かせます。

ケアマネージャーの活躍場所

介護しているバナー

ケアマネージャーが活躍出来る場所は

  • 居宅介護支援事業所や地域包括支援センター
  • 介護老人保健施設
  • 小規模多機能型居宅介護
  • グループホーム
  • 介護老人福祉施設
  • 有料老人ホーム

などがあります。

 

  1. 居宅介護支援事業所とは、主に在宅介護を受ける方の自宅を訪問して、利用者やその家族がよりよい生活を送ることができるよう提案し、その方に合った居宅サービス計画プランを作成します。
  2.  

  3. 地域包括支援センターとは、高齢者の実態を把握する相談窓口であり、介護予防マネジメントや権利擁護事業、介護サービス以外の生活支援を含む、包括的且つ継続的なマネジメントを行います。
  4.  

  5. 介護老人保健施設では在宅生活を送ることができるよう、リハビリを目的に入所した利用者のケアプランの作成と施設の相談業務を行います。
  6.  

  7. 小規模多機能居宅介護とはデイサービス、ショートステイ、訪問介護の要素を合わせた、2006年から導入された新しい介護の形態です。
  8.  

  9. グループホームは認知症のある方が入所する共同生活住宅です。ケアマネージャーは計画書の作成を担当するが、食事や排泄など現場の仕事に携わることも多いようです。
  10.  

  11. 介護老人福祉施設とは入所定員30名以上の特別養護老人ホームで、ケアマネージャーは施設サービス計画の作成と文書による同意を得ることが仕事ですが、現場の仕事にも携わることが多いようです。
  12.  

  13. 有料老人ホームのケアマネージャーは、計画作成担当者と呼ばれ、特定施設サービス計画の原案を作成し、文書による同意を得て利用者に交付します。また介護保険の限度額の管理などを行う他、現場での仕事にあたることもあります。

 

 

それぞれの事業所や施設によって、メリット・デメリットがあり、どう言った場所で、どのように仕事を進めていきたいか描く中で何処で働くのが自分に良いのか見極めていく必要があります。

 

ケアマネージャーにしか出来ない仕事だけをしていくのか、現場の仕事もしていきたいのか、それによって活躍できる場所も異なります。