ケアマネージャーは自分の状況に応じた働き方を工夫することができるので、長く続けやすい仕事になるでしょう。

ケアマネージャーとして長く働くためには

ケアマネージャーの仕事にも向き不向きがあります。
どの仕事にも共通して言えることですが、ただ試験に合格したからと言って、必ずしも長く続けられる仕事と言う訳ではありません。

 

誰しもが向いていて、誰しもができる仕事ではないのです。
ケアマネージャーの主な仕事は、利用者やその家族から依頼された場合に相談を受けながら、ケアプランを決めていく事です。

 

ケアプランは自分だけの判断で決めるのではなく、利用者本人やその家族の希望を聞きながら的確に判断し、必要で効果的な介護サービスを選択してプランを作っていかなくてはなりません。
そのため責任が重い仕事であるのは確かです。

 

  • 様々な介護サービスの中から利用者にとって、どれが効果が高いのか、冷静で的確に判断していく必要があります。
  •  

  • 利用者はもちろん、家族や他事業所など多くの人と関わり、相談しながらケアプランを作成していくため、人と話すことが好きで聞き上手な人、協調性のある人に向いた仕事であると考えられます。
  •  

  • ケアマネージャーは高齢者や要介護者のケアプランの作成を出来る人の育成を目的に作られた資格なので、医療・福祉関連の資格を既に取得しており、更に知識を深め、よりその仕事に従事していきたいと考える人に向いている資格だと言えます。

 

せっかく努力をして取得した資格も活かせなければ、もったいないです。
適性があるか自分と向き合ってみましょう。

 

女性のケアマネージャー画像

ケアマネージャーの70~80%が女性だと言われています。30~40代のいわゆる子育て世代の人が多く働いているのが特徴です。

 

子育てをしている女性の場合は、子どもが小さいうちは正社員ではなくパートで働くなど収入は下がりますが、働き方を工夫することで、
より仕事と家庭の両立がしやすくなります。

 

またケアマネージャーの仕事は一般的には、夜勤がなく平日の日勤帯に働くことが出来ます。
そのため土日祝日が休みであることが多く、家族と過ごす時間を比較的確保しやすいのではないでしょうか。

 

自分に合った仕事で、自分の状況に応じて働き方を工夫することで長く続けやすい仕事になるでしょう。