福祉施設の寮母・寮父は、介護福祉関係の資格を取得している人にとって役立つ職種です。

福祉施設寮母・寮父とは?

 

福祉施設寮母・寮父ってどんな仕事?

あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、福祉施設寮母・寮父の仕事は社会福祉施設にて、お年寄りや体が不自由な方たちのサポートをする仕事のことをいいます。

 

主な業務には食事、着替え等の補助、入浴やトイレのサポートなどがあります。
また別名としてケアワーカーとして呼ばれることもありますが、厳密な呼び方の違いは働く場所によって様々です。

 

業務体系としては、夜勤、日勤、の交代制が多く時間的には不規則な傾向が多くなっています。

 

 

どうやったら福祉施設寮母・寮父になれるの?

福祉施設寮母・寮父になるためには特に専門的な知識が必要ではありません
他の介護資格や技術を取得している人は採用率がとても高いことが特徴となっています。
つまり、他の介護資格を取得している方が、この仕事を行うというケースが多くなっています。

 

 

どういう人が向いている仕事?

人のために何かをしてあげたい、サポートをしたい、お世話することが大好きという方には向いている仕事です。

 

また雇用形態によっては休日等にばらつきもあるので、そのことを理解したうえで就職することをオススメします

 

介護福祉の仕事の中ではまた違った業務体系ではありますが、基本的には介護資格を取得している方が行う仕事でもあるので、さほどの違いはありません。

 

 

福祉施設寮母・寮父の就職率について

実際の就職率としてはとても需要が高く、殆どの場所で必要とされています。

 

ただ福祉施設も数に限りがあるので、既に福祉施設寮母・寮父というポジションが埋まってしまっている関係で他の業務を行う形で採用されるケースもあります。

 

介護福祉関係の資格を取得している人にとっては、働き口に困る事はないのでとても役立つ職種となっています。※介護福祉の資格を取得していれば福祉施設寮母・寮父になれるため。

 

高齢化社会問題を抱える日本においては今後の需要が益々増えてくることが予想されます。