利用者様やご家族に安心や満足を提供できるケアマネージャーを目指しています。

先輩ケアマネージャーからのアドバイス

 

私は介護施設で、利用者の契約から手続き業務を担当する生活相談員として5年、ケアマネージャーとして2年、働いています。

先輩

 

ケアマネージャーは、介護を必要とする高齢者やご家族の生活をサポートする仕事ですが、利用者が楽しく、安心した時間を過ごしていただけるよう、利用者様の希望に沿うように相談に乗り、ケアプランを作成したり、適切な介護サービスが提供されているかを見守ります。

 

スタッフ全員とのコミュニケーションやサポートが非常に重要です。

 

私の介護施設は特別養護老人ホームから日帰り介護のデイサービス、短期入所生活介護のショートステイもあるので、不明なことは、すぐにスタッフに聞けます。

 

お互いに相談したり、協力し、助け合うことができるので、スタッフの結束力が高い職場だと実感しています。

 

私は、いつも利用者様やご家族に合ったライフスタイルを考えていますが、その人や、その家族の環境や考えなどが違い、壁にぶつかることもあり難しさを感じることがありますが、利用者様やご家族、先輩方から教えてもらったり、教わることの方が非常に多いのです。

 

周りの皆様に支えられている毎日ですが、感謝しています。

 

介護の現場に従事していた人間がケアマネージャーになるのは、あまり多くはないと思いますが、この仕事ならではの面白みや、やりがいがあります。

 

利用者様やご家族の相談や希望に応じて、何がどのように必要なのかを考えながら、ケアプランを作成し、利用者に合ったサービスを提供します。

 

自分の考えたプランが反映され、利用者様やご家族が満足され、喜んでもらえる時が一番嬉しいです。

 

ケアマネージャーになって、まだ2年あまりですので、経験、知識共に不足しており、不届きな面や未熟な面もありますが、利用者様やご家族に安心や満足を提供できるケアマネージャーを目指しています。

 

スタッフ全員が一丸となり、利用者様が笑顔になる介護サービス施設を築いていくことを目標にしています。