福祉関係の仕事は就職率も高く、今後益々需要が増えることが予想されます。

その他の福祉系の仕事

 

福祉系の仕事ってどんなものがあるの?

ケアマネージャーをはじめとし、日本には数多くの福祉関係の仕事があります。
具体的には下記のようになっています。

 

  1. 介護福祉士…食事等や生活のサポートや介護・指導をする
  2. 社会福祉士…支援や保護を必要とする人のアドバイスをする
  3. 心理カウンセラー…心のケアを行う専門的な仕事
  4. 児童指導員…児童福祉施設で勤務をし、しつけ学習指導、生活上の面倒を見る
  5. 医療ソーシャルワーカー…社会復帰できるように支援やサポートを行う
  6. 社会福祉主事…地方字自体の福祉課で相談等に乗ることや様々なことを行う。

 

ほんの一部ですがこういったように沢山の福祉関係の仕事があります。
福祉関係の仕事に就きたいと思ったら、一度良く調べてみることをオススメします

 

人によっては受講資格を満たしていたり、少しのカリキュラムで資格を取得できる場合もあります。

 

 

 

福祉関係の資格を取得するのって大変?

福祉関連の資格取得について考える女性

専門学校、大学、短大等を出ている人にとっては比較的スムーズに資格を取得することが出来ますが、それ以外の場合は知識や技術を身につけなければいけません

 

最近では通信教育が充実しており、多くの人が資格取得出来る環境が整ってきています。

 

また就職率も高く、今後益々需要が増えることが予想される資格となっているので働き口に困ることは殆ど無いといえるでしょう。

 

「資格を取得したい」という意思があれば、多くの福祉関係の仕事に携わることが可能です。

 

 

 

国家資格等がある場合は条件が様々

大切なことですが、福祉関係の仕事にも国家試験を合格しないとなれない業種もあります

 

またその場合にも数多くの条件が設けられていることがあるので事前に良くチェックするようにしましょう。

 

また資格によっては仕事の業務範囲等も制限がある場合が殆どなので、そういった部分の違いについても理解を深めておくようにしましょう。

 

やりがいのある素晴らしい仕事ですが、資格によってできる範囲が異なることに注意しておきましょう。