相手の話に常に耳を傾け、聞き役に徹する「聞き上手」な性格が向いていると言えるでしょう。

ケアマネージャーに向いている性格は?

 

ケアマネージャーに向いている性格として挙げられるのは、やはり、相手の立場に立って物事を考えられる人と言えるのではないでしょうか?

 

また、ケアマネージャーは、介護や支援が必要な高齢者や、そのご家族の希望をなるべく尊重して、ケアプランを作成しなければいけません。

 

そのため、臨機応変に対応できる性格も、ケアマネージャーに向いていると言えます。

 

 

説明する人

さらには、利用者様やご家族に介護保険や介護サービスの内容について、わかりやすく説明をする必要があります。

 

話し方次第で相手に不快な思いをさせてしまうこともあるので、言葉使いや話し方にも、十分気を配る必要があります。

 

 

その他に、ケアマネージャーは、ケアプランの作成から介護保険の申請代行、サービス担当者会議、モニタリングなど、さまざまな業務があります。

 

作成しなければならない書類も多いので、細かな仕事を嫌がらず、地道に書類を作成するこまめな性格も必要です。

 

介護を必要としている人のケアプランを作成するには、自分の専門分野の知識だけでは不十分であり、ケアマネージャーには、豊富な知識とコミュニケーション能力が求められます。

 

もちろん、介護や医療など全ての知識を持っていなくてはいけないのではなく、どのような場合に、どのような分野に相談するのか、その手段を知っておくことが重要です。ケアマネージャーには、その手段を知り、有効に利用するためのコミュニケーション能力も欠かせません。

 

ケアマネージャーは、一人で多くの利用者様の介護計画を担当するため、かなり忙しいので、自分自身の健康管理が非常に大切で、健康で体力のある人が向いていると言えるでしょう。

 

 

また一番の理想は、相手の話に常に耳を傾け、聞き役に徹する「聞き上手」だと言えるでしょう。

 

ケアマネージャーの仕事が辛くなった時に乗り越える方法とは?