点字通訳者は点字=形がどの文字になっているかを覚えるだけで、特別な資格を必要としません。

点字通訳者とは?

 

点字通訳者とはどんな仕事?

点字通訳者とは漢字から察すると大体分かる方もいるかもしれませんが、具体的にご紹介したいと思います。

 

仕事内容は、視覚障害者の方や視力が極端に悪い方のために、主に書物関係を「点字」に変換して読めるようにしてあげる人のことをさします。

 

そして点字というのを簡単にまとめると、視覚障害者の方たちが指で触れて読めるようにしてある「点」をいくつかの規則にしたがって配置されている物のことをさします。

 

現在の立ち位置としては実際に仕事としてもニーズがあるとはいえ、他の仕事をしながら点字の知識や技術を身につけてボランティアとして活動されている方が殆どです。

 

点字通訳者としての仕事は正直に少ないのが現状です。

 

 

点字通訳者にはどうやってなるの?

他の仕事と違って特別な資格を必要としません
点字=形がどの「文字」になっているかを覚えるだけで問題ありません。

 

また最近の傾向としてはボランティア活動の中で、福祉施設の方やボランティア団体の方が無料でレクチャーしてくれる場合もあるので、学習時間が必要ではありますがそれほどお金や時間がかかるというわけではないので、興味がある方であれば点字通訳者になることも可能です。

 

 

点字通訳者の前に視覚障害者に対しての配慮が必要

点字通訳者として活動する前に、視覚障害者の方たちに対しての理解が必要になってきます。

 

まずは視覚障害者の方の日常、行動、どういったことが問題であるかなどを理解し、その上で点字の本当の意味を考えることが大切です。

 

実際には、点字通訳者としては多くのことが出来ます。

 

その例で言えば、私たちの生活には「本」だけでなく、新聞や手紙など数多くの記述されたものがあります。

 

勿論、耳が聞こえる視覚障害者の方には「話す」ことで内容を理解してもら事は可能ですが、数え切れないほどの書物や書き物を話すことは現状不可能に近いです。

 

点字というのは、読みたいタイミングで読めるというような環境を作ってあげることでもあるので、その本当の意味を理解し、点字通訳者の仕事の価値を考えることが大切です。