ケアマネージャーは自分が関わることで、利用者の生活がより良いものに変化していくことに喜びを感じます。

ケアマネージャーのやりがいとは

ケアマネージャーは介護をトータルにマネージメントする仕事で、これはケアマネージャーにしか出来ない仕事なので、他の職種では味わうことの出来ないやりがいがあると言えます。

 

これは、日々のルーティーンワークをこなすだけの仕事では決して得ることの出来ないものでしょう。

 

そして自分が関わることで利用者の生活がより良いものに変化していくことに喜びを感じることが出来るでしょう。人と会うことが多く、様々な人と出会い、人と人とをつないでいく大切な仕事です。

 

男性ケアマネージャー画像

もちろん多忙な業務の中、やるべきことも覚えることも多くあります。けれど利用者ひとりひとりの人生と深く関わることになりますから、自分ではなく「人のために働く」ことに感動を味わい、やりがいを感じるのではないでしょうか。

 

例えば利用者のニーズに適したケアプランを作成することで、今まで寝たきりだった人が少しずつ体を動かせるようになっていったなどということも仕事に対して、少なからず誇りを持つことができるでしょう。

 

またケアマネージャーは介護保険制度の中核的存在として、介護の現場でリーダーシップをとることにも誇りを持つことが出来るでしょう。

 

今後、日本では高齢化が進み、ケアマネージャーは社会的な重要な役割を背負っていくでしょう。こうした点も、やりがいにつながると言えます。

 

さらに利用者本人やその家族から、とても感謝される仕事であると言えます。
努力をしなければ取得できない資格です。
専門能力を求められる信頼度の高く、社会的な知名度も、ますます向上していくでしょう。

 

医療・福祉業界は独特な側面があり、ケアを必要とする人と直に触れ合い、仕事をしていく中で、たくさん「ありがとう」と言って頂ける仕事です。

 

 

 

仕事がきつくても、辛いことがあっても利用者からの感謝の言葉は励みとなり自信につながっていくでしょう。

 

他の職種では、なかなか味わうことができない最大の特徴が一番のやりがいであると言えます。

⇒ケアマネージャーとして長く働くためには